ガラスアートギフト TOPサンドブラスト工芸って?サンドブラスト工芸作り方一覧>沈め彫り



沈め彫り


デザインのパーツのエッジを彫りこむ事で表現します。薄いガラスにも表現可能で、あまり深く彫ることのできない 建築ガラスなどにもむいてます




  1. トレーシングペーパーに彫りたい絵をトレースします

  2. トレースが終わったら、ゴムシートに転写します

    ※エッジ部を彫りこむため、ブラストで溶けないゴムシートなどを使用





  3. 彫りたい素材の表面の汚れを取り除き2で転写済みのゴムシートを貼り付けます。
    (彫りたくない場所は、全てガムテープで隠して しまいます。隙間があると、削れてしまいますので、ご注意)
  4. カッターでカットをしていき、一番最初に彫る部分のゴムシートを剥ぎます。
  1. BOXの中に入れて彫ります。
    (ゴムに焦げ目がつく位の圧力をかけているので 油断すると、ガラスに穴が開いちゃう事も・・・^^;)

    ※段彫りと違うのは、エッジのみをしっかり掘り込んでいくところです

  1. 最初に彫りたい部分の完成後、次に彫りたい部分のゴムシートを剥ぎます

  2. 5〜6を繰り返して彫り進めます

  1. 全て彫り終わったら、残っているゴムシートや ガムテープを全部はがして、綺麗に洗います
 

 

サンドブラスト工芸 製作方法一覧