ガラスアートギフト TOPサンドブラスト工芸って?サンドブラスト工芸作り方一覧>立体彫り/逆レリーフ



立体彫り/逆レリーフ

素材(被せ硝子、クリア硝子等 厚みが10mmあると尚良いです^^)

一度モチーフの全体を立体的に彫り込み、シートを張り戻して更にパーツを彫り込んでいく 手のかかる技法です。できあがりが立体的で、高級感があります
  1. トレーシングペーパーに彫りたい柄をトレースし、ゴムシートに転写します
    (沈め彫りの1.を参照)
  2. 彫りたい素材の表面をアルコール等で汚れを綺麗にふき取ります
  3. トレース済みのゴムシートを素材に貼り付け、彫りたくない部分を ガムテープで全て覆います。
    (この画像は、ロックグラスの底部分を使用しています)

  1. カッターでカットし、彫りたい部分のみ剥がします
    その際、後で彫りたす為、剥がしたゴムシートは取って置きます

  1. 集塵BOXの中に入れ、彫ります。
    まず、いるかの体全体の肉付きを表現します(写真右)
    逆レリーフは、肉付き良く彫る為に、かなり深く彫ります。 深く彫りすぎて、穴が開く事も・・・^^;
  2. 体全体部分を彫った後に、取り置きしておいた ゴムシートを貼り戻します。
    その後、彫りたい部分(ひれなど)のみまたはがして彫ります

※鯉など鱗の表現は、5の素彫り(肉彫り)を施した後、はがしたマスクパーツを全て戻し、1枚づつ鱗を彫っていきます


  1. 彫った面と反対側(ロックグラスの底に彫っているので、内側から見た状態です。(^−^)側面には、イルカのシルエットと波を彫っています。
    最後に、薬品を塗布して仕上げます。

 

サンドブラスト工芸 製作方法一覧