ガラスアートギフト TOP知っ得ギフトバックナンバー>夏だより

夏だより


夏の土用

中国五行思想の木(春)・火(夏)・土・金(秋)・水(冬)の「土」に当たる時期。本来は各季節の終わりの18日間を土用としてました。「土」には『土に還す』とか『命を育成する』という意味があるそうで、新しい季節へと交代させるはたらきがあるそうです。

ところで、土用に入った丑の日(2006年は23日)。
この日は、災難を受けやすい日で、牛の方角(北)の守護神が黒い玄武(これも五行思想)であることから黒い食べ物を食べるとよいとされてきました。また、丑の日だからなのでしょうか『う』のつく食べ物を食べると病気ならないとか。
真偽は定かではないものの、今は土用の丑の日にうなぎを食べてせいをつける習慣がありますね。

うなぎとまでは行かなくても、今流行の黒焼きの食品(デトックス効果あり)を夏のご挨拶として贈るのもいいかも。(ちなみにお中元が1回だけという場合には、お中元代わりに『夏だより』としてみるといいですね)

お中元について≪知っ得ギフト≫
お中元特集≫



1月〜4月の行事
5月〜8月の行事
9月から12月

冠婚葬祭、他お祝いに関するマナー&豆知識