ガラスアートギフト TOP知っ得ギフトバックナンバー>のし包装のあれこれ

のし包装 その1

慶事につき物の「熨斗」

熨斗とは、熨斗紙についている紅白や黒白の縦長6角形のもの。
古くは薄く切って伸ばした「伸し鮑」だったそうです。
鮑は、高級食材で栄養価も高く「長生き」や「永遠」の象徴として 重宝されてました。

この熨斗鮑を慶事の儀式に高価な贈答品として用いられるように なりました。
それが形式化し、現在の熨斗となり、金封や贈答品に添えられる様になったのです。

こういった経緯から、 肴に相当する鮮魚や肉などには「のし」を付けません。
また、不祝儀やお見舞いなどにも「のし」は付けません。


水引き、熨斗のついた紙を省略して熨斗と呼ばれることが多いですが
生ものの贈り物や不祝儀など「のし」をつけない場合もあるので、
よく確認をしてから贈りましょう



熨斗(のし)包装:外のしと内のし

熨斗紙をかける意味は、贈ることに対しての儀礼的なもの。
包装(ラッピング)は、中身の保護や贈り物に華をそえる意味合いがあります。

ということから考えて、本来はきれいに包装した後に熨斗紙をかける外のしが
正式な方法のようです。


冠婚葬祭に関連したものは、地方による違いが多く、
熨斗紙のかけ方も例外ではありません。

東日本では外のしが、西日本では内のしが多いのですが
地域性もさることながら、最近は宅配で送ることが増えています。
こういう場合、のしの保護も含め内のしにしているところが多いようです。

地域性や贈り物の意味を考えて 選べればいいですね^^


←包装してから、のし紙をかける
外のし包装


※アトリエピジョンでは、用途や目的に合わせてリボン包装やのし包装を
お選びいただけます。
リボンはのし紙に、メッセージカードは熨斗の表書きに変わるものとして
ご利用いただけます  ラッピングの種類≫


のしの種類


蝶(花)結び・熨斗あり

結婚以外の慶事全般

結び切り・熨斗あり

結婚御祝、結婚引出物、結婚の内祝・お礼

結び切り・熨斗なし

お見舞い、快気祝い

黒白結び切り

弔事


●蝶結びは、何度でも結びなおせるため、何度あっても良い御祝向き。結び切りは、ほどけないことから、二度とあってはならない、一度きりにしたい結婚・病気退院・災害見舞いと弔事に用います。



1月〜4月の行事
5月〜8月の行事
9月から12月

冠婚葬祭、他お祝いに関するマナー&豆知識